« お母しゃまの側にいたいの | トップページ | 今年初猫団子 »

2009年9月26日 (土)

シンクロ猫(その2)

夏の間和室を閉め切っていたら、畳にカビを生やしてしまいました。畳クリーナーで洗浄してから消毒して、窓を暫く開けていたら、普段は猫出入り禁止の和室が珍しくて猫が入り込んでいました。



窓辺の逆光の中見えたものは・・・







またしてもシンクロする叔父と姪。

Dscf1905_2

過去のシンクロ例→ これ とか これ 。


やはりDNAが支配しているんでしょうか?(^_^;) 




励みになります。ポチッと応援お願いします。m(__)m

   ↓ ↓    ↓ ↓     ↓ ↓     ↓ ↓
人気blogランキングに投票  にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ  にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ

|

« お母しゃまの側にいたいの | トップページ | 今年初猫団子 »

コメント

女の子だったのですがダンボール素材の爪研ぎに全く興味を示さずリフォームで壁紙替えて腰壁を全てにする見積もりをしている最中に急逝してしまいました《11月で七歳の誕生日だったのに…》

彼女の爪とぎ跡を今は消すのがつらいので最低四十九日過ぎるまでは少し置いとく事にします。
大きな爪とぎ!凄いです。そんな素敵なものが存在するんですね(°□°;)

投稿: ちる | 2009年9月27日 (日) 07:42

シンクロ(=゜-゜)(凄)

どのお猫ちゃんたちも可愛いらしいですね(≧∇≦)

結婚して我が子二歳になり人間の子を二年育てれたから、猫も解禁してもちゃんと育てれるかなと自信を持ち《結婚前は母が面倒みてるわけだし》、ベンガルかロシアンを飼うかずーっと悩んでいましたが、縁がなくてアビシニアンになりました。

9月に娘の誕生日で、昔から玩具の夢ネコが欲しいと頼まれてたのですが、うちに本物いるし猫の死体みたいだから断っていたのですが、本当に欲しいものあげなきゃだめかと思いプレゼントしました。

朝夢ねこペットの面倒?見ながら娘が『夢ねこペット欲しかったのは、くるみちゃん(急逝した猫)に見せたかったからなんだけど』と呟いていました。

投稿: ちる | 2009年9月27日 (日) 07:55

置物みたい~。DNA恐るべしですね。
角度までピタリ♪

投稿: shino | 2009年9月27日 (日) 12:11

わっ☆ これは見事ですね~。檸檬さんとゆりちゃん、足の揃え方もしっぽの垂らし方もそっくりでかわいい~♪ さすが叔父さんと姪ですね。何度も見比べてしまいました。

ビアンママさんのところで「神戸からのメッセージ ねこつながり」の、毛だらけ家にゃんず編を拝見しました。写真集のコーナーで、みなにゃんが並んで食事しているところとか、ひとつのベッドにぎゅうぎゅう詰めになっているシーンが、かわいくてたまらなかったです。毛だらけ家にゃんずならではの風景ですね。

投稿: キャビショコママ | 2009年9月27日 (日) 19:17

しっぽの角度が秀逸ですねえ!
かわいい〜。
模様の位置もかなり似てるんですね。遺伝子恐るべし。

投稿: nacchima | 2009年9月27日 (日) 22:59

あははは〜
またまた、すごいシンクロ!耳の傾き具合まで一緒〜。
ふたりとも真顔ってのが笑えます。
(いや、猫さんはいつも真顔なんですが…)

投稿: 飴・ブディー食事番 | 2009年9月28日 (月) 00:29

ちるさん
くるみちゃんの思い出が残っているんですね。四十九日まで待たれるなんてお優しいですね。
腰板をつけられるなら、その方がストレスは溜まらないかもしれません。ちなみに、大きな爪とぎは、「80cm 爪とぎ」などで検索すると、ロング爪とぎが出てくると思います。これにまたたびをすりこんでおくと、喜んでこれで爪をとぐようになりますよ。で、他のところで研いだら、そこにはすかさず柑橘系の猫よけスプレーをしておけば次からは同じところではやらなくなります。

お嬢さん、やさしいですね。くるみちゃんが喜ぶと思ったのでしょうか。猫や犬と子供が育つのはいいことです。気持ちが落ち着かれたら、ぜひまた次の猫を探してくださいね。

投稿: harumi | 2009年10月 3日 (土) 20:56

shinoさん
本当に、こんなことが遺伝子に刻まれているのか分かりませんが、この二匹はよくこうやってシンクロしているのです。他の猫でこういうことはないので、やはりDNAなんでしょうね~。

投稿: harumi | 2009年10月 3日 (土) 20:58

キャビショコママさん
「神戸からのメッセージ」は、そのうちブログネタにしようと思っています。我が子がネット以外の媒体に掲載されるというのはうれしいものですねぇ、親ばかしてしまいます。

投稿: harumi | 2009年10月 3日 (土) 20:59

nacchimaさん
模様は、如実に遺伝子のなせる業です。ですから、親戚筋はやはり近いタビーになるようですよ。でも、ポーズがシンクロするのは、DNAで説明できるのかよく分かりません・・・。なぜ足や尻尾、立つ角度まで一緒なのか・・・。謎なんです。

投稿: harumi | 2009年10月 3日 (土) 21:01

飴さん
耳の傾きは、遺伝子によるものですね、たぶん。でも、立ち位置や角度、尻尾の垂らし具合は何で説明すればいいのか・・・。でもしょっちゅうシンクロしているところを見ると、やはり遺伝子レベルの何かなんでしょう。真剣に観察していれば多分ネイチャーに発表できるような論文になるのかもしれませんが、私は見ていて楽しむだけで十分です・・・。

投稿: harumi | 2009年10月 3日 (土) 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/46284793

この記事へのトラックバック一覧です: シンクロ猫(その2):

« お母しゃまの側にいたいの | トップページ | 今年初猫団子 »