« 両手でボールをキャッチする猫 | トップページ | 早春の猫 »

2009年2月14日 (土)

病身に猫の添い寝

昨日は朝起きたら、えらく気分が悪く、強い吐き気とひどい頭痛、体の節々の痛みで起き上がれません。猫のご飯だけやって布団に入り直して仕事は休みました。お腹にくる風邪のようでした。(今日はもう完治しました。)

病気で寝ている時は、猫たちが普段と違う動きをするのでカメラと共に布団に入るのはマストです。絶好のシャッターチャンスのオンパレードでおちおち寝ていられません。(^_^;)

うとうとしていたら、足下でもぞもぞしています。足に毛玉が触れる感触がしました。誰か布団に入ってきたようです。

                 もぞもぞもぞ
Dscf0123
                                  だあれ?

               アタシ〜♪一緒に寝てあげる〜
Dscf0134
              やっぱりゆりか。おいで。


足が重いと思ったら、楓がどっかりと寝ていました。パネルヒーターはあるし、羽毛布団はあるし、母はいるしで、極楽だね。気持ち良さそうに寝ていました。布団に潜り込むのが好きな楓も入ろうとしたのですが、ゆりが先客でいたので、諦めて布団の上で寝ることにしたようです。

Dscf0140


みれば、ゆりもそのまま布団の中で眠っていました。まぁ、この子は本当に子猫みたいな可愛い顔をして寝るんだから・・・。ちっちゃくて寝返りを打ったらつぶしてしまいそうなので、何だか気になって全然眠れません。

Dscf0141
                  くすす〜・・・



夕飯後に布団に戻ったら、またまた足下でもぞもぞと毛が触れる感触が。「またゆりが潜り込んできたよ。」と這い上がってきた子の顔を確かめたら・・・


           おかあしゃま、今度は私が側にいます。
Dscf0151
             しゃ〜〜ちゃ〜〜ん〜〜(あとは声にならない)

なんと珍しいことに、さくらがやってきたではないですか!\(◎o◎)/

普段は無理矢理布団に入れても0.5秒後には脱出するイリュージョン猫なのに、どういう風の吹き回しでしょう。嬉しいやら感動するやらで、もう1ミリも身動きできません。こんなチャンスを逃せるわけがありません。


気まぐれに入ったのですぐ出て行くかと思いきや、なんだかくつろぎモードに入りました。おおっ、一緒に寝てくれるの?ホント?ホント?

Dscf0159


ゴロンと仰向けになって、うとうと始めました。かっ・・・可愛い、嬉しい (感涙)

Dscf0162
          あったかい・・・。おかあしゃま、好き(はぁと)

ああ、神様、なんという天国。このまま熱が上がろうが、ぎっくり腰になろうが、微動だにせず一時間でも二時間でもこのままの姿勢でいようと心に誓っておりました。(バカ)

暫くすやすや眠るさくらの寝顔(白目むいてたので写真は無し(^_^;))を見ていましたが・・・


10分くらいで夫が隣の部屋からビールの空き缶をバリバリとつぶしながら出て来たので、物見高いさくらは、一目散に現場に駆けつけるべく布団を後にしました。(T_T)


ああ〜、ひどい〜・・・。(T_T)


寝込むと、普段以上に猫と近くで過ごせるので、実はめったにない病欠が楽しみだったりします。今年度も病欠なんて2日くらいしか無い健康体ですが。(^_^;)



励みになります。ポチッと応援お願いします。m(__)m

   ↓ ↓    ↓ ↓     ↓ ↓     ↓ ↓
人気blogランキングに投票  にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ  にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ

|

« 両手でボールをキャッチする猫 | トップページ | 早春の猫 »

コメント

まぁ、体調を崩されていたんですね。
大変でしたね。
でもニャンコたちがたくさんお見舞いしてくれて、
とても羨ましいです。
一緒に寝てくれるなんて、夢のようだわぁ。
我が家ではそんなことしてくれる「良い子」はいません(涙)
せいぜい、ハインツが布団の重しをしてくれるぐらいです。
そんなに添え寝してもらえるなら、harumiさんの病気
代わってあげたかったわぁ〜。

投稿: カゴメのかーちゃん | 2009年2月14日 (土) 12:04

ううっ。なんとうらやましい~。お布団の中にまで入って添い寝してくれるなんて、みなにゃん、優しくてかわいいですね。しかも、普段は入ってくれないさくらちゃんがいたなんて! お写真から感動が伝わってきました。お身体は大変だったと思いますが、素敵な体験をされましたね。檸檬さんの行方がちょっと気になりますが、きっと我が道を行かれていたのですね。

投稿: キャビショコママ | 2009年2月14日 (土) 21:29

お元気になられてなによりです。
猫って本当に不思議な能力がありますね。
調子の悪い時、普段はダッコ大嫌いな子が添い寝してくれたり。。。
側にいてくれるだけで、身体が楽になったり。。。
心の癒しだけではなく、身体も癒してくれる。

このまま熱が上がろうが、ぎっくり腰になろうが、のお気持ち
よーーーーーーーーーーく解ります(笑)

投稿: KandC | 2009年2月14日 (土) 21:44

ネコちゃんたちがそばで寝てくれるなら、病気でもハッピーって感じですよね。特にさくらちゃんの添い寝付きとなれば、1週間ぐらい寝込んでもいいかも。さくらちゃんも、おかあしゃまが病気なのが分かってるんですよ、きっと。モナケも、私たちが病気の時は、添い寝はしてくれないけど、お見舞いのつもりなのか枕元まで顔を見せに来ます。

投稿: モナケのかあちゃん | 2009年2月15日 (日) 00:35

もう大丈夫ですか?でもやっぱりちょっと残念?(笑)
ゆりちゃんも可愛いですが、さくらちゃんの大ファンのワタクシ
さくら姫のお顔に♡(oゝω・o)です
こんな風に寝込みを襲われたぁ~~いheart04

投稿: Hide | 2009年2月15日 (日) 00:48

病気はつらいですが、添い寝はうれしいですね^^
私もこの前寝込んだときには3にゃん来てて身動きできない状態でしたw

あとは朝とか目が覚めてちょっとごろごろしてて普段来ない子が着ちゃったりすると起きるに起きれないジレンマが^^;

4枚目のゆりちゃんの寝顔かわいいです^^

投稿: しよ | 2009年2月15日 (日) 11:08

ご無沙汰してます。
コメントは久しぶりですが、いつも拝見しています。
さくらちゃんのあまりの可愛さにフラフラ~と出てきてしまいましたdelicious胸がキュンとなりましたよ!お手手もかわい~
あと、この下のドライヤーが欲しくなりました。
いいものをご紹介ありがとうございます。

投稿: midori | 2009年2月15日 (日) 22:06

おなかにくる風邪、つらいですよね。
お大事にしてください。
にゃんずがかわるがわる添い寝してくれるなんて、
病気はつらいけれど、うれしいですね(^^)
私もさくらちゃんに添い寝していただきたいわ~
アルボンも熱が出たとき、ぎっくり腰のときは
添い寝してくれました。

投稿: アルシャンママ | 2009年2月15日 (日) 23:22

身体は大変・・でも至福の時・・・でしたね。
今はお加減いかがでしょう?
にゃんずが天使に見えます。ほんと。
重くても、身体がしびれても、平気ですっ!

投稿: nacchima | 2009年2月15日 (日) 23:53

さくらちゃんの添い寝についついうるうるしてしまいました(;ω;)なんだか私までありがたい気分になっちゃいました…うるうるです(笑)
さくらちゃん、本当は甘えん坊さんなのよね~。
ちょっと不器用なだけなのよね~。
菅原文太路線??!考える子??!=頭が良い子??!
家のキャンディー、デイジー、アリシアなどは…磁石のように常に引っ付いてくるので…考えない子??…単純??…ありがたみが沸かない??…うっとうし…おっとこれは失言…
どうぞお身体にご自愛くださいね。
早く良くなりますように!

投稿: utena | 2009年2月16日 (月) 12:39

もう大丈夫なんですか?なんだかしんどい物が全部来たって感じですね。お大事になさって下さいませ。
ゆりちゃんも可愛いし、さくらちゃん姫の添い寝ってサイコーですね♪♪♪みんなママが大好きなんですね!!!

投稿: DERON | 2009年2月16日 (月) 15:05

わぁ〜いいですねぇ♪病気でも普段だっこをしないさくらちゃんが来てくれたら、気分は天国ですね(≧▽≦)ゞ

猫って体調悪いのちゃんと分かってくれますよね〜。普段は朝寝坊だと騒いで起こされますが、病気の時は大人しくしてくれますよね=^ェ^=

投稿: hitomi | 2009年2月16日 (月) 17:58

カゴメのかーちゃんさん
ハインツくんは布団の重しはしてくれるんですね。お嬢さん方は布団にも寄り付かないのでしょうか。それは寂しいかも。
あっ、駄目です。健康な私は年に数回あるかどうかの貴重な病気の日だから、権利は譲れません。(^_^;)

投稿: harumi | 2009年2月17日 (火) 07:07

キャビショコママさん
写真から感動が伝わりましたか! いやー、本当に感激しましたよ。ゆりは面白がって来ただけでしょうが、それでも可愛いです。
檸檬さんはこのとき寝室にはいませんでした。多分ダイニングの猫ベッドで寝ていたんじゃないでしょうか。檸檬は独立独歩な猫なので。

投稿: harumi | 2009年2月17日 (火) 07:10

KandCさん
やはり他のお宅でも普段しないことを病気の時にはしてくれて猫たちが癒してくれているのですね。
あ、でもどうなんだろう、早く治っているのかは分かりませんが、幸せで免疫力が上がっていそうだから、結果的に重篤にならないですんでいるのかもしれません。

投稿: harumi | 2009年2月17日 (火) 07:11

モナケのかあちゃんさん
いやはや、ほんとうにさくらにはびっくりさせられました。「この瞬間が永遠に続けばいいのに」とハリウッドの青春映画のような言葉が脳裏を駆け巡りました。モナケちゃんも布団まできてくれるのですね。やはり普段とは違うってのが分かっているのですね。猫ってあなどれません。

投稿: harumi | 2009年2月17日 (火) 07:12

Hideさん
チョコ姫や嵐ちゅんは布団にきてくれますか?乗られたら重そうですねぇ・・・。(^_^;)
さくらがやってきたのは本当に予想外で、しかもなんだか普段以上に親密にニコニコやってきたので、本当に感激しました。余りの健康体に半日以上病むことがめったに無い私なので、やっぱり残念ですね。次のチャンスは半年くらい先でしょうか。(^_^;)

投稿: harumi | 2009年2月17日 (火) 07:14

しよさん
猫はきてくれるのはいいのですが、よく病人なのに身じろぎもできなかったりして、本当に療養になっているのか疑問になることもあります。

>目が覚めてちょっとごろごろしてて普段来ない子が着ちゃったりすると起きるに起きれない

えっ!?このシチュエーションが我が家では想像できない。こんな幸せなことがあるんですか?
我が家では毎朝5時頃から猫達が私を起こそうとあの手この手でアタックしてくるので、こんな優雅な朝は一度も迎えたことがありません・・・。

投稿: harumi | 2009年2月17日 (火) 07:17

midoriさん
お久しぶりです〜。さくら、普段以上に愛くるしくて、甘えてきたので、感激ひとしおでした。
そうそう、このお手手がかわいいんですよ。あ、風邪は半日で完治したので大丈夫です。

投稿: harumi | 2009年2月17日 (火) 07:18

アルシャンママさん
吐き気が強い風邪でなかなかしんどかったです。半日で息子に染して治りましたが。(^_^;)
さくらの添い寝、いいですよ〜。私もお初でした。次は3年後くらいの出現率でしょうか。

投稿: harumi | 2009年2月17日 (火) 07:20

nacchimaさん
体はしんどかったですが、嬉しかったですねぇ。さくらが布団の中でごろんとなった時は気絶しそうでした。多分免疫力急上昇で、お陰で半日で全快しました。効き目抜群です。
重くても平気・・・。確かに。でも、振り払っても振り払っても載ってくるような子には、「もうちょっと脇に寄って」と少しどいてもらいますよ。

投稿: harumi | 2009年2月17日 (火) 07:21

utenaさん
いやー〜、これは感激しましたよ。本当に。とっても嬉しくて幸せでした。
菅原文太路線!に爆笑しました。ははは、でも言い得て妙ですね。確かに。根は優しいし、感情豊かな子だし、実はとっても甘えん坊なんですが表現が下手だし、自分が自由でいたい気持ちも強いのと相反するので甘えたいのに逃げたり、他の子がくるとクルッと背を向けて甘えるのをやめたり、素直じゃありません。でもそれが分かっているので、安心して甘えてきてくれた時の嬉しさ可愛さはひとしおです。
何十回膝から下ろしても磁石のようにストーキングしてくるゆりのようなタイプも可愛いですが、確かにありがたみが少なくなりますね。というか、ありがたみを毎回小出しにしているので一回当りのありがたみが薄くなるというか?

投稿: harumi | 2009年2月17日 (火) 07:26

DERONさん
今回はなかなかしんどかったですが、結局半日で治りました。猫たちのお陰です。
さくらのには感激しましたが、毎度おなじみの定番のゆりも「きたきたっ!」と言う感じでお約束で、励まされますよ。どちらも可愛いです。

投稿: harumi | 2009年2月17日 (火) 07:28

hitomiさん
病気の時は確かに普段とは違うと察知してくれて、普段よりみなにゃん優しくしてくれます。
でも、hitomiさんちの2にゃんと違っても、朝ご飯をもらうことに関しては別の話らしく、どんなに気分悪くてもあの手この手を駆使して定時に起こしにきますよ〜。

投稿: harumi | 2009年2月17日 (火) 07:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/44055465

この記事へのトラックバック一覧です: 病身に猫の添い寝:

« 両手でボールをキャッチする猫 | トップページ | 早春の猫 »