« ひどいペットショップ | トップページ | 檸檬さん、3歳の誕生日 »

2008年6月29日 (日)

とりあえず、やれること

前回のエントリでは沢山のコメントをいただきました。こんな環境を憂えるのは私だけではないと分かり、勇気づけられました。ありがとうございます。

その後、ペットショップに関わる動物がらみの法律を確認しました。

・・・と、その前に、間違ったことを言ってもいけないので、もう一度よく確認してきました。

2008062620550001

とりあえず、床敷き以外は、何も入っていないです。

2008062620550002

壁面は四方がガラスで、やはり給水器はありません。この子は、木曜に入ったばかりの新人のアメリカンカール(多分。ここはハーフの子も多いので分かりません)の子。即日完売だったらしく、データははがされていましたが、体格からすると一ヶ月をやっと過ぎたくらいでしょう。


で、改めて抵触している可能性のあるものを抜き出しました。

動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目

(設備の管理)
第4条 飼養施設に備える設備の管理は、次に掲げるところにより行うものとする。

一 ケージ等に、給餌及び給水のための器具を備えること。ただし、一時的に飼養又は保管をする等の特別な事情がある場合にあっては、この限りでない。

特別な事情はなさそうですが、食器はありません。ウェットフードは10cm四方のコピー用紙に載せられます。水の容器もありません。食事の時に与えているそうですが、器を見たことがありません。(たまたまでしょうか?)

二 ケージ等に、動物の生態及び習性並びに飼養期間に応じて、遊具、止まり木、砂場及び水浴び、休息等ができる設備を備えること。

どのケージにも、おもちゃは一つとして入れられていません。子猫は自分の尻尾か、床敷きの紙切れで遊ぶしかありません。

四 ふん尿に係る動物の衛生管理のため、ケージ等には、ふん尿の受け皿を備え、又は床敷きを敷く等の措置を講じること。

床敷きがあるので法律には抵触しないかもしれませんが、猫は最初からトイレを失敗せずにすること、トイレと生活圏を分けたい生き物であることを考えると、トイレ=ベッドというのはかなりのストレスなのでは。そもそも、床敷きをトイレとするのは、ハムスターなどのごく小動物でしょう。

(動物の管理)

ホ 幼齢な犬、ねこ等の社会化(その種特有の社会行動様式を身に付け、家庭動物、展示動物等として周囲の生活環境に適応した行動が採られるようになることをいう。以下同じ。)を必要とする動物については、その健全な育成及び社会化を推進するために、適切な期間、親、兄弟姉妹等とともに飼養又は保管をすること。

生後38日で親兄弟から離され、ひとりぼっちにされるのはこの項目に抵触していると思います。

ト 動物の生理、生態、習性等に適した温度、明るさ、換気、湿度等
が確保され、及び騒音が防止されるよう、飼養又は保管をする環境
(以下「飼養環境」という。)の管理を行うこと。

あの絶え間なく照らされている蛍光灯は、適した明るさ、点灯時間とは言えないのでは。

チ 動物の種類、数、発育状況、健康状態及び飼養環境に応じ、餌えさの種類を選択し、適切な量、回数等により給餌及び給水を行うこと。

聞いたら、水は食事の後に与えているとのことでした。見ている限り、子猫子犬だからと言って一日5回も6回も食事をもらっているとは思えません。つまり水も時間制限付で一日数回程度しかもらっていないということか。しかも、発育状態に応じて回数など変えてはいない。犬猫大小関わらず全員一緒に食事。幼齢の子は、いつでも食べられるようにしてあげようよ・・・。

リ 走る、登る、泳ぐ、飛ぶ等の運動が困難なケージ等において動物の飼養又は保管をする場合には、これによる動物のストレスを軽減するために、必要に応じて運動の時間を設けること。

怖すぎて、聞けない。あの通路しか無い店内で、必要に応じた運動をさせているとは全く考えられない。店を閉める時に、全員連れ帰って運動させているとも思えない。ってことは、生後38日から、どうかすると何ヶ月目まで、運動一切なしなのか・・・? 考えたくない・・・。

ヌ 販売業者及び展示業者にあっては、長時間連続して展示を行う場合には、動物のストレスを軽減するため、必要に応じてその途中において展示を行わない時間を設けること。

長時間連続、という言葉がどの程度の連続した時間をさすのか不明だけど、とりあえず、いつも展示されています。だって、一時退避させる場所もないし、ケージは常に全部公開しているもの。


 

とりあえず、私が今できるのは、管轄の動物愛護相談センターの指導監視係に通報するくらい。また、財団法人日本動物愛護協会にも相談してみます。その多くの違反項目は他のペットショップでも日常的に見られることなので、多分業務停止とかにはしてもらえないでしょうが、水を与えてもらったり、フードをもらったり、おもちゃを与えてもらったりするのなら、環境は改善されると思います。せめて、それくらいしてもらいたい・・・。やれるだけやってみます。





励みになります。ポチッと応援お願いします。m(__)m

   ↓ ↓        ↓ ↓ 
人気blogランキングに投票   にほんブログ村 猫ブログへ

|

« ひどいペットショップ | トップページ | 檸檬さん、3歳の誕生日 »

コメント

それぞれの小さな行動が、社会を少しずつ動かしていくんだと思います。こうやってブログでいろんな人が記事を目にすることで、今まで意識していなかったことだって見えてくるのでしょうし・・・。
なんとか、変化をもたらせるといいですね。
私も、意識してやれることを探したいと思います。

投稿: nacchima | 2008年6月29日 (日) 18:11

hitomiさん、お疲れさまです。
色々と問題は多いのでしょうが、ペットショップが人間と動物のかけがえのない出会いの場所になることも多いのですから、経営するからには誇りを持って、最低限お客と同様、またはそれ以上の愛情と知識を持って動物に接してもらいたいものです。
猫さん達を取り巻く環境が1日もはやく改善されますよう願うばかり…。

投稿: 飴・ブディー食事番 | 2008年6月29日 (日) 18:57

生き物に関わって仕事をするのは大変なことです。その自覚を少しでも思い出してもらえればいいですね……。
はじまりは、いつも小さい。
私の好きなことばです。
がんばってください! もし嫌なことがあれば愚痴っちゃってください~。
私も小さなできることを探してみます。

投稿: ミツカ | 2008年6月29日 (日) 23:14

nacchimaさん
自分にできることをするしかないので、こうやってブログでいろんな人に見てもらって、あなたの知っているペットショップも、こんなじゃないですか? これって、おかしいんですよ、と気づいてもらえれば、という気持ちです。
このショップについては、私が動ける範囲で動いてみます。実際問題、ものすごく不潔とか、臭うとか、猫が病気になっている訳ではないので、閉店させられるような程度ではないので、改善命令が出るくらいでしょう。それでも、いいのです。

投稿: harumi | 2008年6月30日 (月) 01:19

マコちゃんの母さん
まだまだ日本のペットに対する対応は、法律からして遅れているのが事実ですが、それでも随分と国も人も認識が変わりつつあります。もう少しすれば、ブームで買ったりする特定の犬種などがなくなってくれるのでは・・・と期待しています。
「グーグーだって猫である」の公開で、今度はアメショーがむやみに売られるのではないかと、やや心配。まぁ、珍しくない猫種だから大丈夫だとは思いますが。

投稿: harumi | 2008年6月30日 (月) 01:30

ミツカさん
ペット産業に携わる人の多くが優しい気持ちから関わっているのだと思うので余り色々言いたくはありませんが、要は想像力を働かせてほしいということですよね。血のつながった我が子だったら、こういうことをするだろうか? というような。「人の都合でここにある命」という認識は売る側も買う側も忘れたくないですよね。
私も、小さくてもはじめの一歩を踏み出すことが大事と思っています。ありがとうございます。

投稿: harumi | 2008年6月30日 (月) 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/41676781

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず、やれること:

« ひどいペットショップ | トップページ | 檸檬さん、3歳の誕生日 »