« 珍しく、マイブーム | トップページ | ひどいペットショップ »

2008年6月23日 (月)

さくらのお里帰り

シャルトリューのさくらさんは、2歳半になって初めてキャッテリーさんにお里帰りしました。

前々から一度帰らせたいなぁと思っていましたが、直接の妹のコラちゃんがお里帰りするのに合わせて、ご一緒させて頂きました。

キャッテリー・ソレイユルヴァンに着いたら、ちびにゃんたちがお出迎え!

Dscf7835

うひゃ〜、何度見てもかわいいなぁ。でもシャルトリューの子猫は、意外や意外、成長するとあんなに丸っこいのに、子猫の頃はアメショーなんかよりひょろっとした、尖った顔なんです。

足を伸ばしてリラックスしているのは、お預かり中のチャーリーくん。足を投げ出して、まるで自分の家にいるかのようなくつろぎぶり。彼は本当におっとりして、撫でても抱っこしても、遊んでやってもOKのラブリーな男の子でした。

遊ぶと、こんな感じ。

Dscf7870

今回のゲストのひとり、エミーリオくん。テレサとサイモンの子らしく、とってもおっとり。最初はキャリーに籠っていたけど、その内落ち着いて出てきて、置物のように静かにしていました。弾力のある毛並みの、とってもスイートな男の子です。大きくて、立派。いいなあ、こういう男の子。

Dscf7898

今回は、フニャコラ家から、フニャラちゃんとコラちゃんも遊びに来ていました。

さくらの2年下の妹の、コラちゃんです。両親ともさくらと同じ、ウラニーとティモシーの子です。

Dscf7849

余り気はすすまなくても、かたくなになったりせず、見知らぬ人に抱かれても、従順な態度。耳を平にしたりしないあたりも、アイドルの立場を分かっているかのようです。さくらより端正な顔立ちで、目の色も濃いです。でも、これでも同居猫のフニャラちゃんより薄いんですって。

で、こちらがフニャラちゃん。エミーリオくんと一緒に生まれた、テレサとサイモンの子です。ふだんのニコニコ顔はどこへやら。終止キャリーに籠って、フーシャー言ってたので、とってもナーバスになっていたようでした。

Dscf7895

緊張と疲れで、目がややうつろ・・・。ニコニコフニャラちゃんにいつか会いたいです。

さて、もうひとりのゲストは、我が家の姫様のさくら・・・・・・・・・。


・・・・・・漬物石・・・・・・?

Dscf7855

はい、またしてもさくらさんは漬物石と化しておりまして、「今のこの状況に目をつぶってやりすごす」作戦に出ていました。キャリーには籠らないけれど、自分の世界に閉じこもっていたという点では、ずば抜けていました。_| ̄|○

こちらは、まだ子猫のデイジーちゃん。テラニカっ子らしく、こんな小さなころから「お願い」ポーズをしてくれます。なんてキュート!


Dscf7900

そのデイジーちゃんは、うちのゆりとタメ張れるくらいの明るくて活発で空気読まない元気なお嬢さん。ナーバスなお姉さんの前だって平気で横切ります。

こわいお姉さん

小さい子だからって容赦はしません。怖いお姉さんだねぇ・・・。

Dscf7917

これは・・・キャンディーの子だったでしょうか。目もまだキツンブルーで、ちびちびでぽにゃぽにゃで、もうたまりません〜・・・。(^.^)

シャルトリューの色はグレー一色ですが、子猫の頃にはゴーストタビーといって、模様がぼんやり出たりします。大人になると消えるのですが、こんな風にはっきりとアメショーのうずまき模様のようなタビーが見られることもあるのですね。尻尾に出るのはよくありますが、こんなにはっきりしたのは初めてみました。

Dscf7868

さて、こちらはコラちゃんと一緒に生まれた、キャンディー。ソレイユルヴァンに残って、今はお母さん業に忙しい日々です。

この子もさくら直系の妹になりますが、とてもさくらと似ています。目の色は濃いですが、この平らで横長の丸い印象の顔と、もふもふしたコートの感じは、そっくりです。耳の感じは、さくらよりニコちゃんに似てるかな?

Dscf7852

ウラニーっ子姉妹、ご対面〜〜!

なかば無理矢理対面させたので、当然ですが初対面の3者、感動の対面どころか、にらみ合い、ガンの飛ばしあい。(^_^;)

Dscf7880

この写真の後の様子は、ムービーでどうぞ。

姉妹にらみあい

やはりシャー合戦になっちゃいますね。さくらの般若のようなシャーと比べて、コラ様はアイドルだけあって、シャーも控えめで、人相変わる程ではありません。そうでなくちゃね。


話はつきないけど、あっと言う間の2時間が過ぎ、家路につきました。キャビショコママさんからキャビアちゃんとショコラちゃんのデコチョコももらいました。いつか、さくらを少し預かってもらって、慣らしてみたいです。そうしたら、もう少しのびのびできるようになるかしら。


utenaさん、お疲れのところ、どうもありがとうございました。これからも大切に育てていきます。またよろしくお願いします。ご一緒させていただいたエミーリオくんのパパママさん、マコちゃんの母さん、どうもありがとうございました。とっても楽しかったです。


励みになります。ポチッと応援お願いします。m(__)m

   ↓ ↓        ↓ ↓ 
人気blogランキングに投票   にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 珍しく、マイブーム | トップページ | ひどいペットショップ »

コメント

そこはかとなく・・・キンチョー感が漂ってますね。おねーさんたちのガン飛ばし合いが迫力です!
テラニカっ子のデイジーちゃん、キャピっとしててかわいい!ドンナもかなり活発だったと思ったのですが、ややキャラが違います。そういえば、ドンナは、utenaさんのところでも、お気に入りのおもちゃをがっちり持って、フーッっていってましたっけ。ドンナさんもやっぱり般若系・・・?

投稿: nacchima | 2008年6月23日 (月) 11:00

かわいい猫さんたちがいっぱい。
でも、正直言って、さくらさんの「今のこの状況に目をつぶってやりすごす」作戦に一番癒されました。この漬け物石になら、20万出す!

投稿: 猫好き3号 | 2008年6月23日 (月) 12:20

ひょ~~ぅ!楽しそうですぅ!!
さくらちゃんはお里帰り初めてだったんですね。般若顔もカワイィィ~私にもして欲しいです!3姉妹はやっぱり似てますよね~~みんな丸くって可愛すぎです!うぅっぅ子猫ちゃんずぅぅ~も抱っこしてみたいぃです。

投稿: DERON | 2008年6月23日 (月) 12:23

先日はお疲れ様でした~
楽しかったです。
さくらちゃんには試練のひと時でしたねきっとsmile
実物のさくらちゃん、クリスマス以来でしたが、一回り大きくなっていました。
まぁるくってかわいかった!
また来てくださいね~!
そうそう、ケーキもご馳走様でしたとってもおいしかったです!

投稿: utena | 2008年6月23日 (月) 16:14

こんばんは。
お里帰りされたんですね。いいな~
ウラニーっ子姉妹のご対面、笑えました。
さくらちゃんもコラちゃんもキャンディーちゃんも、
みんな丸くてかわいい~♪
ボンの妹デイジーちゃんにも会いたくなりました。


投稿: アルシャンパパ&ママ | 2008年6月23日 (月) 22:48

土曜日は、お疲れさまでした!
エミーリオは、人見知りはしないのですが、久々の猫との対面にビックリしてしまったようです!
また、今後ともよろしくお願い致します。

投稿: Fratello di Emilio | 2008年6月24日 (火) 19:49

nacchimaさん
ドンナちゃんも、いずれ大きくなってお里帰りして姉妹猫と対面したら、きっとこの緊張状態に参加することになりますよ。楽しみですねぇ。
女の子で、おもちゃを持ってうなる子は割と珍しいかもしれません。男の子ではよくありますが。やっぱりやんちゃさんなのでしょうか。

投稿: harumi | 2008年6月27日 (金) 01:27

猫好き3号さん
あはは、喜んで頂けてよかったですが、飼い主は複雑な心境ですよ。みんなにとけ込んでくれとは言わないまでも、こんなにカプセルに入ったように自分の世界に閉じこもられると、やや悲しいです。漬け物石が癒しになったのなら、さくらも何かのお役に立ったのですね。
余り余裕のある子ではないので、自営手段なのでしょう。猫にも個性があるんだなぁと感じます。

投稿: harumi | 2008年6月27日 (金) 01:30

DERONさん
さくらは、家の人や猫にはそんな顔は見せないのに、初めての猫には本当にナーバスに接します。DERONさんが猫になれば、きっともれなく般若顔が拝めるとおもいますよ♪

投稿: harumi | 2008年6月27日 (金) 01:32

utenaさん
本当に長々とお邪魔しましたが、とっても楽しかったです。さくらも、utena家にしばらく預かって頂くと、チャーリーみたいになるのでしょうか・・・。
ああいうキャラなので、漬け物石を脱しても、きっと愛想を振りまくようなタマではなさそうです・・・。(^_^;)

投稿: harumi | 2008年6月27日 (金) 01:34

アルシャンパパ&ママさん
ウラニーっ子は本当に全員まん丸ですねぇ。そこがいいです。で、みんな顔が平らなんですよ。ボンくんなんかは、立体的な顔ですよねぇ。
同じシャルトリューでも、同じ兄弟でも、みんなそれぞれ個性があるから可愛いです。

投稿: harumi | 2008年6月27日 (金) 01:35

Fratello di Emilio さん
「エミーリオの父」さん、なんですよね?(^.^) 先日はお世話になりました。エミーリオくんは、確かに家に猫は一人なので、自分が猫だということを忘れてしまうかどうかはともかく、他の猫とどう接するか、思い出すのに時間はかかるのかもしれませんね。
同居猫がいるさくらなんて、猫慣れしていても、あの体たらくですからね・・・。何が幸いするかは本当に分かりません。(^_^;)

投稿: harumi | 2008年6月27日 (金) 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/41618582

この記事へのトラックバック一覧です: さくらのお里帰り:

« 珍しく、マイブーム | トップページ | ひどいペットショップ »