« またたびを巡る争い | トップページ | 檸檬のにくきゅう »

2006年7月 1日 (土)

私は怒っている・・・

ツール・ド・フランスが7月1日から始まった。しかし、その前日、なんと大ニュースがとびこんできた。

ランス・アームストロングが昨年で引退した今年、優勝候補と名を挙げられていた主な選手が、かつてドーピングに関わった医師の手元のリストの中に名前を連ねていたというのだ。しかも、疑わしい選手には自主的に出場を自粛してほしいと運営側が申し入れたため、それこそスター選手の殆どが出場自粛という異例の事態となってしまった。

サイクリングタイムの記事

花形選手のいないツール。疑惑だけで自粛させるのが正しいのか、私には分からないが、疑わしいものは排除して、100年以上の歴史を誇るツールにそのようなスキャンダルが入り込まないようにと、直前であっても決断した運営側の責任者の英断はある意味、決然としているだろう。しかし、リストに名前があっただけで自粛させてしまうというのも、私にはやはり釈然としないものが残る。

もちろん、身の潔白を証明しようと各選手とも既に動いている。しかし、2006年のツールはもう始まってしまっているのだ。かつてやはり政治的な理由でソウル五輪をボイコットをした日本。そのとき、自身の選手生命のピークにあった選手のどれほどが泣いたか、私はその後色々なニュースで聞いている。

ツールは幸い毎年開催されているが、毎年チームの体制も選手層も、コースも変わる。五輪よりは復帰の目処は立てやすいかもしれないが、それでも2006年は絶好の年だったのに、と後から省みて後悔するようなことにならないことを切に祈る。

皮肉なものだが、トップ選手のいないツールは、群雄割拠で、実は結構レースとして面白くはある。しかし、花形スターを欠いたレースは、それこそ横綱不在のまま場所を終えるような空しさを感じる。ツールの開幕を楽しみにしていた私は、本当に残念でならない。

怒りをどこにぶつけていいのか分からないが、せめて来年は身の潔白をきちんと証明して、主要選手はきっちり出場してほしいし、運営側も気持ち良く参加させてあげてほしい。

|

« またたびを巡る争い | トップページ | 檸檬のにくきゅう »

コメント

そうそう、この話も実はちょっと気になってたの。
kazuさんの好きなヤン・ウルリッヒが出ないしね。
ドイツはサッカーの合間にツール・ド・フランスもやってるから一日、
スポーツ番組状態よ・・・。

でもヤン・ウルリッヒ、旧東ドイツ出身だそうなので初めから
ドーピングさせられまくりだったのでは、というのが相方の意見・・・。
でも本人は「訴えてやる~。」とインタビューで不満をあらわにしていましたね。

投稿: akberlin | 2006年7月 3日 (月) 18:17

勝てなくても、腹が出ていても、何となく許せちゃうウルリッヒのいいキャラクターが好きなんだけどね。あの迫力の走りが見られないのは残念だな。目の上のたんこぶ(ランス)がいない今年は期するものがあっただろうしね。バッソのダブル・ツールも儚くも消えたし…ツールがキャンセルになったんだから、ブエルタに出てほしいよね。ブエルタにもはくがついて主催者も喜ぶよ。

投稿: かず | 2006年7月 3日 (月) 23:27

akberlinさん
ウルリッヒは元々東の人だったんですね。知らなかった。最近のキャラクターからは想像も出来なくて。お茶目なんですよ。出てほしかったなぁ、ツール。でも、相方さんのおっしゃること、案外もっともかも・・・。分からないですが、潔白であるよう祈ってます。

かずさん
ウルリッヒもバッソもスプリンター系じゃないから、ブエルタでもいけるかもしれませんね。というか、すごい豪華で、見ちゃうよ~。それ楽しいかも。でも、コンディションの問題とか、ドーピングの疑惑を明らかにするのって時間掛かる関係でブエルタも難しいんじゃないのかな。主催団体は違うだろうけど、ツールはだめだけど、疑わしくてもうちには出てください、とは流石に言わないでしょ。

投稿: harumi | 2006年7月 5日 (水) 02:19

開幕直前にこのニュース、本当にショックでした。
しかしレースは順調に進んでいるんですよね。
私は昨晩パブでツール生観戦デビューしました。何だかんだ言っても、楽しんでます。
しかしヤンがいきなり解雇になったのは、今だ大きなショックです。

自転車界の薬物問題、ネタ切れする事がありませんね。。。

投稿: hm_ato | 2006年7月 5日 (水) 22:10

hm_atoさん
えええーーーーーっ、ヤンって、この一件で解雇されちゃったんですか? うわーーーー・・・。T Mobileの顔だったのに・・・。というか、顔だからこそ、疑惑のうちに解雇したんだろうけど・・・。

自転車界って、いまだにヨーロッパの騎士道っていうか、ヨーロッパの精神文化を色濃く反映していて、日本人にはなかなか理解しがたい譲り合いとかありますよね。それはいい面も生み出したけど、古いままだと、こういう薬物に手を出す文化もまた継承されてしまうのでしょうか。

総合取るんだから、ステージ優勝は譲る、みたいな暗黙の了解をことごとく無視して、ランスがアメリカの「強い者が勝って何が悪い」的なタイトル総なめみたいのが大バッシングになった時もありましたが、まぁランスも多少は迎合しましたが、そういう風に少しずつ新しい風が吹いていい意味でツールも変わっていってほしいです。

ところで、生観戦、たのしいでしょ? やめられないです。だから、寝不足。

投稿: harumi | 2006年7月 5日 (水) 23:49

あ、解雇は誤報みたいですけどね。
バッソとウルリッヒは弁護士使って

しかし、今度はバルベルデが鎖骨骨折…。
どうなってんのよ、今年のツールは!(T_T)

投稿: minikawa | 2006年7月 7日 (金) 01:01

すんません、間違って送信押しちゃいました。
バッソとウルリッヒは弁護士使って潔白証明するために動いてるらしいですよ(でも本人はバカンス)。

投稿: minikawa | 2006年7月 7日 (金) 01:03

minikawaさん
ああ、誤報なんですか!よかったーーーーっ!!!

そう。優勝候補のバルベルデは鎖骨骨折。痛そうでしたよー・・・。夫のように鎖骨の端のこっせつじゃないといいね、と家で話してました。(つきにくいので。)今年のツールは直前のゴタゴタで集中していないのか、チームのエースを欠いてまとまらないのか、なんか落車がめちゃめちゃ多いんですよ。それと、パンク。本当に荒れたツールです。

で、バッソとウルはバカンスかい! ・・・悩んでも仕方ないってか?

投稿: harumi | 2006年7月 7日 (金) 02:10

はじめまして。
ウルリッヒは東ドイツ出身だから・・・
とのコメントがありましたが、東ドイツ出身だからこそ、他国の人よりドーピングの恐ろしさを知っていると思うんですよ。

だから、ウルリッヒがリストに入ってると知ってビックリしました。

投稿: ひで | 2006年7月 9日 (日) 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/10768428

この記事へのトラックバック一覧です: 私は怒っている・・・:

» ロード界震撼!ドーピング疑惑で次々にツール出場停止に!! [:::kazu-style.com::: 2.0]
スター選手を欠いた今年のツールは、皮肉なことに面白いのだった… [続きを読む]

受信: 2006年7月 3日 (月) 23:18

» 大スキャンダル@ツール [林檎と梨のブログ]
具合が悪いので、久しぶりにネットサーフィンしてたら、 とんでもない事件を見つけてしまった! 日本から飛行機で約12時間かかるフランスで 今大スキャンダルが起きている! 今日、といえば、ツール開幕日! そこで・・・だ。 大ドーピングスキャンダルだ! 僕の6月1日の日記でも書いたことだが、 ドーピング絡みの事件があり、その時資料が押収された とのことを書いた。 そのリストの内容は発表されていなかったが・・・ ツール開幕前に出場予定の31人が... [続きを読む]

受信: 2006年7月 9日 (日) 14:54

« またたびを巡る争い | トップページ | 檸檬のにくきゅう »