« 歯磨き | トップページ | 井出選手、降板 »

2006年5月 4日 (木)

稲城のラルプデュエルズ

夫と息子は、朝5時ごろに起きて、稲城の山越えをしてきたそうだ。夫が「ツーキニスト」になるにはこの山を制さなくてはならないので、いつかは越えなくてはいけない山だった。私はそんな早朝から走っていたら朝食を作るエネルギーが無くなるので、残念ながらちょっとパス。

稲城の山は、実際にロードバイクで登ってみたら、なんかあっさり登れてしまったそうだ。なんだ、全然難攻不落の山じゃないじゃないの。ラルプデュエルズだなんて、大袈裟だったね。

午後は平地でダッシュの練習。私も猫の餌を買いたかったので同行した。・・・でも、最高速は数日前に出した43キロから伸びない。やっぱり多摩サイクリングロードのように長い直線でないと、無理か。車も多いしね。それから、下り坂でのスピードコントロールと、ブレーキに対する感覚がまだ一致しないので怖い。スキーで急に山頂に連れて行かれた時のように腰が引けるのが分かる。制動に対する筋力、コントロール能力、限界の見極め、色んなものがまだバラバラだ。スキーで色んなものが全て自分の支配下にあって、自在にスピードをコントロールできるあの快感、あんな気持ち良さがその内自分のものになるのを夢見て、毎日走るのみ。今日は走行距離も少し伸ばした。ちょっとずつ、ちょっとずつ。

Darling_me

そういや、

コルナゴのサドルって結構快適なんだけど、先日レーシングパンツを履かずに何キロも走ったからか、おまたが痛い。(^_^;) 少しジェルの入ったのを買おうかなぁ・・・。

|

« 歯磨き | トップページ | 井出選手、降板 »

コメント

あらっ!カッコイイ、夫婦でツーリング?
撮ってくれたのはかずくんかな。
お母さんも写真の上手い人ですけど、
息子もさすが。

投稿: akberlin | 2006年5月 8日 (月) 03:27

「いつかは越えなくてはいけない山だった」…うぅむ、カッコイイ響き…そのわりに神奈川からの登りは大したことありませんでしたよ。問題は東京方面からの登りですね。でも本当の的は道幅の狭さに対する交通量の多さですね。車が少ない早朝はお勧めです。

投稿: かず | 2006年5月 8日 (月) 11:09

akberlinさん
はい~。夫婦でちょっと走ってきました。近所だけね。撮ったのは息子です。
「表札が入らないようにね。母さん、ちゃんと細く写ってる?」
「表札は父さんが隠してくれてるけど・・・母さんの肉は知らないよ!」
ってなやりとりがありました。(^_^;) 写真係りだけでなく、お前も走れよ、と言いたいですね、息子には。まぁ夫婦の老後の趣味ということで、楽しく走ってます。

かずさん
ぜひ今度は東京側からののぼりをチャレンジしてみてください。私も今度はお供しますです。

投稿: はるみ | 2006年5月10日 (水) 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/9908606

この記事へのトラックバック一覧です: 稲城のラルプデュエルズ:

« 歯磨き | トップページ | 井出選手、降板 »