« 障害物現場写真 | トップページ | 明日は伊豆で走ってきます »

2006年5月17日 (水)

暖かくなる→毛が抜ける

お蔭様でPTAの広報誌も出来上がり、教務担当の先生からOKが出たらネット経由で印刷の発注を掛けられるところまできました。今は本当に便利になりました。これまで切ったり貼ったりしていたことを考えると・・・。安い・早い・きれいときてるので、経費的にもとてもありがたいです。

さて、前置きが長くなりましたが、急に暖かくなり、我が家のみなにゃんも換毛期を迎えたらしく、毎日食事をしていても口にふわふわと宙を舞うアンダーコートが入ります。毎日掃除機も掛けてるし、グルーミングもしているのに・・・と思っていました。やはり3にゃんいると、こんなものかしら、と思っておりました。

我が家の皮毛の手入れセット一式です。

Grooming

一匹に全部使う訳ではありません。にゃんこ様ごとに毛質も異なるし、好みもあるので揃えているうちにこんなになりました。(はさみは、おてんばさくら嬢の肉球にかかる毛をカットするため)まず、好みから。

檸檬・・・グルーミング「される」マニア。毛づくろいのためなら、いかなる道具を使っても喉をゴロゴロ鳴らす程のお方。彼は年齢的な生え変わりと換毛期が重なったので抜け毛が多いのですが、青いラバーブラシ→スリッカーという順でしょうか。青いラバーブラシはよく「取れすぎてハゲになる」と書かれている輸入ものですが、国産の「アメリカン・ショートヘアーなどの短毛種用」と書かれた黄色いラバーでは、檸檬の毛はゴージャス過ぎて全然ブラシの毛足が短いんですね。で、脱毛も多いので青いのを使っています。サラっと。で、檸檬さんはスリッカーを見せると飛んでくるほど好きなので、本来短毛種には余り必要もないのですが、彼の気の済むまでこれで撫で回してやります。手に持っていると、勝手に自分で体をなすりつけてきます。

楓・・・短毛なんですが、結構なにげに毛が抜けるんですね。で、ブラッシングは余り好きではないので、黄色いラバーと豚毛のブラシでさっとすませます。黄色いラバーのは病院で衝動買いしたけど、彼のような寝た毛のアンダーコートにばっちりで、素晴らしく取れます。天然毛のブラシは、ベンガルのような短毛で寝ている毛の魅力をとても引き出してくれるもので、本人も肌当たりが気持ちよいらしく、お気に入りです。ツヤツヤのピカピカになり、グリッターがキラキラ輝き、私も嬉しくなります。

さくら・・・とにかく毛が蜜、しかも文字通り「猫っ毛」なので静電気防止スプレーは必須です。で、彼女は余りグルーミングが好きじゃないので、コームで抜け毛を取ったらピンブラシでボリュームを出して終わりです。その代わりシャンプーの時にはシャンプー用のブラシを使ってしっかりとアンダーコートを取っています。ショーに出るようなネコちゃんならこんなに取っちゃまずいのでしょうけど、うちは家猫なので、ふわふわした毛の魅力が失われない範囲で取ってしまいます。それでも1日掃除機かけるのを怠ると家の隅にグレーの毛玉ができてます。

さて、それに加えて、先日ネットでゲットしたのが、写真奥に写っている青い物体、「ファーミネーター」です。ネットで検索すればいくらでも出てきますが、アメリカの特許製品で、トップコートに影響を与えず、アンダーコートの中でも、毛根が死んで抜けるだけの「死に毛」となっているものを選択的に「抜く」ツールなんです。クシ目が独特らしいんです。一件カミソリに見えますけど、違うんです。で、ネットだと比較的手ごろだったので先日購入。試しに楓とさくらのお尻の辺りの「なんだか艶がなくてボサボサした感じ」のところを撫でたら、あらすごい!(通販TVのようだ)本当にアンダーコートだけ面白いように取れるんです。

全身いきなりはちょっと抵抗があったんですが、お尻だけでも見違えるようです。特に楓さんなんて、気持ちいいらしく、いつもはブラシに気がいってしまうのに、ごろんと横たわってうっとりとしてるし。お尻のデリケートな辺りの手入れに足をカパッと開いても、無抵抗。おお、すごい。で、もうお尻だけで取れる取れる。尻尾まで掛けてやったら、もうヒップのあたりが艶々、テラテラ。今まで履き古しのずり落ちデニムだったのが、新品のスリムジーンズに変えたような、キリっとしたお尻に。もう、母さんはその尻の美しさにクラクラしてしまう程でした。やっぱり古い毛がいっぱいだったんだなぁと実感。もう少し暑くなったら全身やってやろう。

ただ、さくらちゃんはお尻のあたりのバサっとしたところだけにしたように、犬や猫の毛質というものがあるので、ふわふわしたところが魅力の品種は、多少自重した方がいいようです。(注意書きにもありましたが、ショーに出る場合にはボリュームがなくなるので勧めないとのこと)

ファーミネーターのおかげか、家に舞い散るアンダーコートが激減しました。これは嬉しい。檸檬さんはちなみに、どんなにごっそり取れるか楽しみにしていたのですが、彼はオーバーコートのボリュームがすごいだけらしく、アンダーコートは大したことなくて、殆どスカでした。

またもうちょっと暑くなってからが楽しみです。ふっふっふ。

|

« 障害物現場写真 | トップページ | 明日は伊豆で走ってきます »

コメント

ラバーブラシはオーバーコートを抜いてしまうので、やり過ぎるとタビーが薄々になってしまいますから注意してくださいね~

投稿: Noble Chaton | 2006年5月17日 (水) 12:49

Noble Chatonさん
はーい。ラバーブラシは結構気をつけて使っていますが、より一層注意します。確かに、オーバーコートもごそっと抜きますよね。どのにゃんこも、ブラシ選択の前に、皮毛をコームでざっくりとかして、今抜けつつあるのがどんな毛なのか、どのくらいなのかは確認してからツールを決めてます。大丈夫、檸檬さんのタビーはうちの宝ですから死守しますとも。

投稿: はるみ | 2006年5月18日 (木) 03:12

こんにちは。
ここの記事を見て、思わず買ってしまいましたよぉ!
今までは豚毛のコームでしたが、コームに付いた毛を
取り除くのが大変だったから、これは便利かも。
でも、うちの子達はちっとも喜んでくれなくてね〜。
その記事をトラックバックしておきました。

投稿: カゴメのかーちゃん | 2006年5月27日 (土) 10:56

カゴメのかーちゃんさん
うちもさくらは大して喜びませんでしたよ。いやがるということもありませんでしたが。喜んだのは楓だけです。でも、お尻のあたりのボサボサがなくなったら、見た目はすっきりしたし、手触りもよくなりました。でも、さらさらしたのはいいんだけど、抱っこした時に腕の中から逃げるとき、うなぎのようにするすると抜け出していくようになってしまいました。(T_T)

投稿: はるみ | 2006年5月28日 (日) 07:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/10110838

この記事へのトラックバック一覧です: 暖かくなる→毛が抜ける:

» 身だしなみはきちんと [ カゴメとトマトのお気楽生活]
シャルトリューのさくらちゃんのお母さん、 harumiさんがブログで紹介していたアイテム、 ケーピーエス『ファーミネーター』 そのコメントはというと・・・、 まるで『超一流の通販サイト』レベルで、 おもわず私もコロッといってしまいました! その使用感は、面白いです。 バッサバッサと毛が取れて、このままブラッシングしていたら、 最後の1本になるまで抜けちゃうような勢いです。... [続きを読む]

受信: 2006年5月27日 (土) 10:52

« 障害物現場写真 | トップページ | 明日は伊豆で走ってきます »