« もてぎへ始動! | トップページ | シマノもてぎロード »

2006年4月 4日 (火)

Inside of my bag...

ベルリン、りんりん♪のakberlinさんのところに落ちていたバトン、拾わせていただきました。

猫のネタだけでまだまだあって載せ切れないのに、バトンなんてやってていいのか?と悩みましたが。写真の選択などの手間がなくて(私は愛猫の写真を一日60枚くらい撮る)簡単にエントリできそうだったので・・・。言い訳はいいから、やってみましょう。

Insidemybag_1

Q1 財布はどんなものを使っていますか?
お誕生日プレゼントとして、夫からもらったマーガレット・ハウエルの財布。結婚以来初めての二つ折り財布。主婦の財布は札入れサイズが普通ですが、たまには若々しいのを使いたくて魔がさして買ってもらいました。が、案の定・・・これは失敗でした。もう、ポイントカードを入れただけで、2つ折りを固定するスナップがはじけてしまいました。お金はまだ入れていないのに。夫からのプレゼントでなければ、翌日にでも買いなおしたいくらい使いにくい。自分で「これ頂戴」って選んだから文句は言えませんが。黄色いのは、風水で金運に関係するからです。香港では財布は毎年買いなおせという言葉があるそうですが、そろそろ買い換えようかしら。

Q2 携帯はどんなものを使っていますか?
DoCoMo P700i 

軽くて、音質がいいものというのが私の選択基準なのでFOMAでPしかなかった。使い勝手はNの方がすきなんですけどね。最近のNは重くて・・・。

Q3 使っている携帯ストラップは?
なんとかっていう天然石のついたもの。仕事の成功、燃えるような人生になるそうなので、いまくすぶってるので、一気に燃えるようにしてもらいたいから。何たって、私の守護星はマース゜(火星)、守護神もマーズ(火の神)ですから。

これは最近変えたのですが、これの前はDoCoMoショップでくれたドコモダケでした。夫から、「いい年をして、流石におばさんぽい」と指摘されたので、ショックをうけて。

Q4 手帳は持っていますか?
はい。日本能率手帳の出しているシステム手帳です。サイズは6穴ミニです。ここのはリフィルの使い勝手がよく、仕事が計画的にできるので時間を有効に使えます。私はシステム手帳はずっと日本能率手帳(Bindex)一本です。ミニは小さすぎるのでもう一つ上のNという能率手帳サイズが一番いいのですが、半端なサイズや8穴という特殊さで人気がないのか、最近リフィルの種類も減らされてきたので、やむなくミニにしました。いつもネットで直接購入しています。

Q5 バックはどのようなものを持っていますか?
ヴァレンチノ・ガラバーニのケリータイプ、シャルル・ジョルダンのショルダー、モリハナエのショルダー、ランセルのショルダー、生協で買ったトート、病院の近くの激安輸入雑貨店の380円のビーズバッグ。他にもあるけど、このあたりが一番出番が多いかな。今一番使うのは生協で買ったトートだったりする。何でも入るんだもん。仕事でもっと頑張ったら、自分へのご褒美でもっといいトートを買います・・・。

Q6 バックの中身は?
上の写真にあるとおりですね。財布、携帯、手帳、マイバッグ、小学校の入館証。これにハンカチちり紙を入れて完成。

マイバッグは杉並区にいた人なら知らぬ人とてないイレンジャー効果もあって(?)、大抵みなさん持参しています。その頃からの習慣であることと、現在買い物は近所の生協でしかしないからです。(生協はレジ袋1枚10円で買わねばならない)

Q7 持ち歩いてないとダメ!というものを3つあげましょう。

んー、財布と手帳と携帯かな。つきなみなんですけどね。家族の写真は持ち歩いていませんが、携帯の待ち受け画面は、うちのにゃんこ達にしています。なごみます。

で、バトンですが、ご指名は

73-Logのryo-73さん

hito blogのhitosyanさん

YO's WeblogのYOさん

でいかがでしょうか。よろしくお願いします。

|

« もてぎへ始動! | トップページ | シマノもてぎロード »

コメント

バトン、拾ってくれてありがとう~。
TBさせてもらいますね。
なんかすっきりしたバッグの中身でいいですな。
・・・私は気がつくと何かどうでもイイものも
大量に運んでいます。時々はバッグの中身、
整理しなくちゃね・・・。

投稿: akberlin | 2006年4月 5日 (水) 19:43

トラバさせていただきました(^^)
小学校の入館証なんてあるんですか。ビックリ。
そこまでしないと安全は守れないんですかねぇ。やな世の中になりましたねぇ・・・。

投稿: ひとみ | 2006年4月 5日 (水) 22:39

>小学校の入館証
私もビックリしました!

袖摺り合うも他生の縁…そんな時代じゃないんですねぇ。。。

投稿: hm_ato | 2006年4月 6日 (木) 10:57

>akberlinさん
すっきりしたカバンの中。そうかもしれません。
基本的には、毎日帰宅したらカバンの中のものは
全部出すようにしているので、必要なものしか
入っていないかもしれません。

>ひとみさん
えっ、入館証、そちらにはないですか?東京の杉並の時なんて、PTAが強かったので、どこよりも早く防犯ブザーが区の予算で配布されたり、各学校の門には専任ガードマンが立つようになったんですよ。もちろん、ほぼ全部の学校が入館証制度を導入したと思います。
それに比べると、今の川崎は、教育行政がものすごく遅れています。PTAは何をしているの、と言いたいくらい、行政任せ。先日の9歳の男の子を突き落とした犯人の男はそれこそ事件も隣の区、犯人が捕まっていないのに何のアクションもなく、犯人が捕まってみたらなんと隣町の住人であったと分かったというお粗末さです。杉並だったら、隣の区でこのような事件があっただけで、1時間後にPTAで連絡網を回し、犯人が見つかるまでは原則親が付き添っての登下校となっていたところです。大丈夫なのかなぁとちょっと心配です。

投稿: はるみ | 2006年4月 6日 (木) 22:04

hm_atoさん
入館証は首都圏の小学校では比較的当然のようです。
東京杉並では、それを門に一日張り付いている
ガードマン氏に見せて、入館します。忘れたら、
事務室で「来客用のIDカード」をもらって首から
下げます。
何も身分を証明するものが無い人が建物にいたら、
教員や保護者は身元を確認する権利を有する、という
ものです。

「防犯」と「開かれた学校」は相反するものなので
どこの学校も頭を痛めています。

投稿: はるみ | 2006年4月 6日 (木) 22:06

んん~、そこまでしないと安全が守れないのかと思うとちょっと悲しいですね・・。
ウチの学校はインターホンで用件を言うと先生が職員玄関まで来て鍵を開けてくれる、と説明がありました。それで安全かっていわれると??です。

投稿: ひとみ | 2006年4月 8日 (土) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/9427778

この記事へのトラックバック一覧です: Inside of my bag... :

» Inside of my bag... [ベルリン、りんりん♪]
久しぶりにバトンなんぞを拾ってみました。 Whitewaterlilyさんとこと石橋さんとこで見かけたものです。 わざわざご紹介するほどものを持って歩いているわけではないのですが、 他の人のバッグの中身っていうのも面白いかなーと。以下の質問はWhitewaterlilyさんのところのものです。 Q1 財布はどんなものを使っていますか? 何年も前に買ったGAPのエナメルビニール財布。 明るい青空みたいな色といろいろ入るのが気に入って。 でもずいぶん汚れてしまいました・・・。 Q... [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 19:44

» Inside of my bag... [hito blog]
結構毛だらけのharumiさんよりバトンを受取りました。 カバンの中なんていつもとんでもないことになってるんですが(^_^;) さーいってみよ。 Q1 財布はどんなものを使っていますか? 通販生活にて購入。たしかドイツ製。 カードがいっぱい入って、小銭いれがガバーっと開くというのが気に入って買いましたが、デザインが私好みでないのでそろそろ買い替えたい・・・。 使い勝手も思ったほどではなく、活字のマジックにちょっとやられてしまったかも(>_<) 生まれてこのかた、「これイイ!... [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 22:19

» Inside of my bag... [73-Log]
ここに本文を記入してください。結構毛だらけのharumiさんからバトンを頂きました。 初バトンがharumiさんからなんで緊張してますが、とにかく行ってみますか。 Q1 財布はどんなものを使っていますか? 先月Paul Smithの二つ折り財布になりました。 これはちょっと変わっていて二つ折りの外側に小銭入れが付いてます。 ここが深くて小銭を出しにくいですが色とかデザインは気に入ってます。 いまのところ問題は、誕生日にこれをくれたのがウチのおかんってコトだけですね。 Q2 携帯... [続きを読む]

受信: 2006年4月 6日 (木) 22:56

« もてぎへ始動! | トップページ | シマノもてぎロード »