« 本日のにゃんこたち | トップページ | 春は突然やってきた »

2006年3月11日 (土)

息子の外出

息子は最近、BB弾に凝っている。

いわゆるエアガンの玩具版なのであるが、その威力は技術の向上と共に上がり、下手に公園などで打ち合いをしていると、小さい子の目に入ったりして危険だし、近くでやられると他の遊びはできなくなるなど、評判が悪い。また、その玉が「生分解プラスチック」のものならまだよいが、そうでないとただの樹脂なので打ちっ放した玉は公園、空き地などに永遠に転がったままになり、近年では環境の面からも悪玉視されている。

要は昔のパチンコ玉とおなじで、昔は小石を使ったことを考えるとよっぽど良心的なものなのだが、今は時代が違う。子どもは狭い公園に密集し、親もちょっとしたことに目くじらを立てる。また、BB弾で遊ぶ子も、小さい子が周囲にいるから場所を変えようという思いやりがない。そこで親も学校も団地も「BB弾禁止」と唱えることとなる。

個人的な見解から言えば、確かに楽しいのは分かる。私は男の子と外遊びしていることも多い少女時代を過ごしたので、鉄砲のおもちゃは沢山持っていたから。でも今、空き地もない、公園でも禁止となると、彼らはどこでこういうものを使えばいいのか。幸い、今住んでいるところは元々農家だった家が点在しており、学友の中には敷地の広い家もあるので、その庭先で標的を作って皆で撃っているらしいが、こんな例は珍しい方だろう。

で、現在息子はBB弾の新しい銃を買ってもらうための親説得のプレゼンのために日夜情報集めに忙しい。結構いい値段がするので、一度軽く相談されたが、断った。親が納得できるだけの材料を集めて説得してみろ、そしたら店に一緒に見にいくところまでは約束する、(ただし、買うかどうかは現物を見て年齢に相応のものか判断してから)と言ったからだ。

今日は資料を貰いに玩具店に行ったら、そこでは扱ってなかったそうで、しょんぼり帰ってきた。玉だけでも買えればと小銭を持っていったが、BB弾そのものがなかったらしく、お金は使わなかったらしい。そこで、たまたま「まなちゃんを救う会」の募金を見かけ、私から聞いていたので募金したらしい。

笑ったのは、手持ちの小銭は本当にはした金で、さすがの息子もこれでは悪いと思ったらしいが、後は千円札しかない。小学5年生にとって千円札は貴重なお札。さすがに全部募金する訳にはいかなかい。・・・・・・・・悩んだ末、息子は小銭と千円札を出して、「この小銭と、100円分募金します。だからこの千円からおつり900円ください。」と言って募金したのだそうだ。(^_^;) 募金でおつりって・・・。

大人なら、ちょっとセコいと言われるかもしれないが、これだけ言えたなら、小学生としては天晴れと言ってやりたい。募金なんて、その「小銭」だけだってだれも文句は言わないけど、ちゃんとした金額をあげないと意味がないと分かっていたから「自分にできる精一杯」を示したんだもんね。私は現場を見ていないが、そんな小学生が募金してくれたらどんなに嬉しいか。

親を説得するために色々情報を集めたり(見てる限り、こいつは営業には向かなそうだ(^_^;))、自分に出来ることと出来ないことを見極めて自分の良心に従って行動した息子。成長したなぁ。我が愚息ながら、ちょっとまぶしいのであった。(もっとも、1週間ゲーム禁止令を出される程遊びまくって叱られたのも数日前の彼なのだが・・・。(^_^;))

|

« 本日のにゃんこたち | トップページ | 春は突然やってきた »

コメント

かわいい~。
ありがとうございます。わたしも街頭に立たせていただくことがある者ですが、親御さんと一緒に歩かれていて、その場で募金を手渡されてうれしそうに箱へ入れてくださるお子さんもたくさんいらっしゃいますが、中には息子さんのように、自分で決心されて、きっとおこずかいから募金してくださってるんだろうな~って見受けられる子供さんもいらして、そんな時は本当に何とも言えない気持ちになります。「そのまんま大きくなってね!」って、すごく幸せな気分になります。
その現場^^に立ち会えなかったのはいささか残念ではありますが、生まれて初めての募金活動で本当にいろんなことを学ばせてもらっている今日この頃…世の中に、多くの優しい人間がいる!って実感しています。募金をしてくださった子供さん、本当にありがとうございます。

投稿: シュガー | 2006年3月13日 (月) 03:21

シュガーさん
コメントありがとうございます。こういう話を家ですると、ちゃんと子どもは聞いているんですね。募金しろとは一度も言わなかったし、たった10円のお駄賃のために買い物に行ってくれたりする息子ですが、こういう時にはケチらないと知り、意外な一面を見ました。
本人に、100円って、結構な額を払ったねと言ったら、「だって1億3千万円近く集めるんでしょ?10円や20円あげてたら間に合わないじゃない。」と言いました。募金金額やタイムリミットがあることまで記憶していてくれたことに驚きを覚えると共に、そういうことにはお金を惜しまないでくれるように育ったことも嬉しく思いました。

募金活動、大変だと思いますが目標金額を達成しますように。

投稿: はるみ | 2006年3月15日 (水) 15:32

ありがとうございました!
たくさんのこころうつくしいみなさんのお陰で、まなちゃんのための1億3600万円が集まりました。
まなちゃんはもちろんご両親の赤ちゃんに違いはないですが、こうして「みんなのまなちゃん」としても元気に同じ未来を生きて行かれるように、もうすぐなるんだと思うと本当にうれしいです。
嫌なニュースばかりが目に付く毎日ですが、本当はその何倍も小さなイイコト、大きなイイコトがいっぱいある世界なのだと、身をもって知りました。それを教えてくれた、息子さんたちのような大勢の「協力者」に感謝します^^

投稿: シュガー | 2006年3月18日 (土) 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/9056101

この記事へのトラックバック一覧です: 息子の外出:

« 本日のにゃんこたち | トップページ | 春は突然やってきた »