« さくらがやってきた日 | トップページ | トイレ狂想曲 »

2006年1月25日 (水)

さくらちゃん、その後

シャルトリューのさくらお嬢様は、到着して2日目まではなかなか警戒心が解けず、緊張と不安で近づくもの全てに「ふーっ、シャーっ、ぐるるるる」でした。

キャッテリーのutenaさんからも、彼女が怒っているのを見た事がないと聞いて心配していたのですが、私は忘れてはいなかったんです。最初に彼女に会った時に「彼女は慎重ですが、臆病や人嫌いではないと思います。何かきっかけがあれば、扉が開くような気がするんですけど・・・。」というutenaさんの言葉を。さくらは、決して人が近づいても猫が近づいても、遠くまで逃げませんし、物陰から出てこないというタイプではありません。かと言って、確かにズンズン無遠慮に人の中に割り入っていくというタイプとも違います。芯はしっかりしていて、自分をしっかりもっているけど、とても慎重で自分のスタイルをもっている子だ、という印象を持っていました。

2日目、まず檸檬に対しての威嚇をやめました。これは檸檬くんが2ヶ月大人なため、ある程度見極めが早かったという印象です。「ああ、この子はまだ小さくて緊張しているからこんななんだな。」と分かったらしく、檸檬の方から普通に接するようになったからです。

問題は、楓。相性が合わないのかしら、とハラハラするくらい、顔を合わせると互いにフーっ、シャーっ、ぐるるるる・・・・。母は気が気ではありませんでした。でも、互いにすごく意識していることは確か。しかも、近づこうとしているのも感じます。お互いの距離を測ろうとしているようにも見えるのでもう少し様子を黙ってみていました。

すると3日目。

kaede

夜9時ごろ、なんとなくにゃんこ達が夕寝から覚めてまったりしているころ、楓がさくらにくっついてリビングに入ってきて、さくらがくつろぎはじめた近くでまったりと四肢を投げ出したのです。この写真ではまだちょっとさくらの方に緊張が見えますが、4日目のこの写真。

lunch

あら、全員揃って昼ご飯食べてる。昨日までは3にゃん揃うことなんて一度もなかったのに。あらー・・・。そして、今日。

washroom

そうです。さくらちゃんは、やっと緊張がほぐれてきたのです。実はutenaさんや私の予想通り、彼女は扉を開くのがとても遅いタイプらしく、まだ開ききってはいないのかもしれませんが、なかなかお転婆さんで、実は楓とフー、シャーやっていたのはお互いに似たものを感じていたからだったような気がします。というのも、今日(1/25)になって、さくらちゃんは楓の後をついてまわり、楓がしでかすいたずらや、やんちゃはことごとく真似をします。楓は大の水道好きで、水を出す音がするとダッシュでどこにでも駆けつけますが、今日はさくらちゃんも一緒に洗面所にやってきました。すごい勢いです。この写真はまだ「未遂」ですが、この後、楓と一緒に洗面台に入って2にゃんで洗面ボウルの水を仲良くなめなめしているのを私は目撃してしまいました。

反射神経も楓を見習って、かなりのもの。楓も時としてたじたじになる素早さです。じゃらしてやると、楓の出番はないくらい。楓の登るところ、彼女も果敢にチャレンジして一発ジャンプします。テーブルより高いラックに飛び乗ったのも目撃しました。いろんなものに興味を示して一人で探検したり引っ張りだしたり、ちぎったりもしています。

「なんだ!普通の元気な子猫じゃない!」

いまや、普通以上かもしれません。彼女は神出鬼没、しかもシャルトリューだというのに素早くどこにでも登場して何でも興味津々でかじります。兄ちゃんたちのプロレス合戦にも早くも興味を示しているし、活発で何にでもとびついています。良かった良かった。やっと馴染んだようです。さて、これから彼女はこの3にゃんの中でどのようなポジションを占めていくのかがこれからの楽しみです。

|

« さくらがやってきた日 | トップページ | トイレ狂想曲 »

コメント

なんかこう「朱に交われば赤くなる」というか、さくらがやんちゃな楓の影響を受けつつあるのではないかと、はらはらしながら見守ってます(3にゃんの父より)。

投稿: かず | 2006年1月26日 (木) 10:35

いいお話ですー。
こころが温まりますー。
またきますー。

投稿: ルビー | 2006年1月27日 (金) 13:56

かぁわいいですねぇ、にゃんこの皆さん・・・。
さくらお嬢さまの今後のおてんばぶりが
楽しみです(^^)。

投稿: akberlin | 2006年1月30日 (月) 04:53

かずさん
楓の良さは山ほどあるのに、どうして「そんなこと見習うな~」というようなことはすぐ覚えるんでしょうねぇ。でも、檸檬は楓と一緒に過ごしていても似ないから、さくらちゃんはもともと楓のようなお転婆さんな素質があったんだと思いますよ。親や兄弟のいいところは似ない。人も猫もそんなもんなのかもしれません。(-_-;)

ルビーさん
にゃんこ同士は、この後ますます仲良しになって、よく3匹で追いかけっこしてます。さくらは結構気位が高いのか、やられたらしっかりやり返します。兄ちゃん達に負けてません。楽しそうにやっているので、特別「お嬢様扱い」はしていません。これもコミュニケーションでしょうから。

akberlinさん
さくらお嬢にゃんは、深窓の令嬢のような顔をして、実はとっても活発です。兄ちゃん2にゃんいても、いつも活発な楓にくっついているのです。子猫だからというのを差し引いても、彼女はかなり好奇心旺盛な方で、いつも家中ウロウロしてにおいをかいでは、面白そうなものを見つけてはかじったり、じゃれたり、どこかに移動させたりしています。蚊の鳴くような消え入りそうな声なんですけどねぇ。やることは、結構大胆です。

投稿: はるみ | 2006年1月31日 (火) 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/8342912

この記事へのトラックバック一覧です: さくらちゃん、その後:

« さくらがやってきた日 | トップページ | トイレ狂想曲 »