« さくらちゃん、その後 | トップページ | スーパーアグリ、ようやくFIAに承認 »

2006年1月26日 (木)

トイレ狂想曲

我が家では、3にゃんに対して3つトイレを用意しているが、そのうち一つは洗い替え用にと思っていたが、最近やはりにゃん数分出しておかないとだめかなーと思うようになってきた。

みなにゃん、共用することそのものはいやがらないが、我が家のトイレはおまるタイプなのでトイレの面積をフルに使えず、真ん中の穴の部分に他にゃんのブツがあったり、すのこにもらした形跡があると「汚れているから使えない」という判断になる。そのため、砂を掘る音が聞こえたら即トイレ脇にスタンバイして速攻で処理しないと、次の猫様が使いたいのに使えず、困られるのである。

困った挙句、みなにゃんが取る行動は・・・

楓・・・「早く片付けてっ!も、もれるっ」という悲痛な訴えを理解してやらなかった当初の私は、「片付けの邪魔よ」と彼をどけてしまったので、困った楓は「夫の布団の上に巨大な湖を形成」した。実は以前も慣れないロフトに興味津々で上がったものの、降りられなくてトイレに間に合わず、息子の布団の上に湖を作った前科がある。(ベンガルは尿量が多い)元々楓はキャッテリー時代にハトコのしーちゃんに教わってトイレにはとってもうるさ型で几帳面。砂堀りも、砂かけも入念で、狙った位置は外さない。一番トイレには困らない優秀な子なので、彼はまったくもって親の無理解による被害者と言って良い。

ぬれねずみ

チッコの湖の中でびしょびしょになったので、寒い夜だったけど即シャンプー。ドライヤー嫌いとは知らず、この後パニックを起こし、私は流血の惨事・・・。結局は怖い物ではないと分かって大人しくかけさせてくれたけど。

毛づくろいを手伝う檸檬

すっかり乾かすのはストレスになりそうだったので、後は短毛だし、暖房ガンガンにして部屋に放したら、毛づくろいを檸檬が手伝ってた。(^_^;) 檸檬は優しい。

さくら・・・彼女もトイレは優秀なタイプ。4ヶ月になったばかりで体がちいさいのに、おまるで頑張っている。来た当初は家の大きさや場所による温度差でトイレのタイミングが合わず出にくい場所に入り込んでもがいてる内にもらしてしまうことがあったが、まだ子どもだから仕方ない。それより彼女があっぱれなのは、トイレの掃除中など、差し迫った時には私が気づかない内に、洗面ボウルの排水溝ぎりぎりのところで大小を仕方なくすることだ。汚れ物を流すところだって分かってるんだね。すごいすごい。・・・もっとも、ここは楓やさくら本人が水を飲みに遊びにくる場所なので入念に排水溝を掃除する羽目になるのだけど・・・。(^_^;) 

senmen

「楓兄ちゃんが、洗面ボウルの水は美味しいよって教えてくれたから、ここは最近お気に入りなの。ママがもたもたおトイレ掃除している時には、ここで用を足してしまうこともあるの。本当はイヤなんだけど、後片付けが楽でしょ?」はいはい。素晴らしい気遣いですとも。

で、なぜたかがトイレの掃除に時間がかかっているのかと言えば、大抵このような事態を作っているのは、実は一番おっとりして、どんなに自分がイヤ(足洗い、爪切りなど)なことをされても絶対爪や歯を立てない性格花マル君の檸檬が、おまるの着座位置が悪くてトイレを汚してしまいがちであるからだ。

おまるは、着座位置(正しい着座位置)が悪いとすのこの上にそのまま大も小もブツが残るから、臭いはするし、片付けるのにも砂の塊をポンと流すだけとはいかず、すのこを拭くという手間が増える。結果、即、次のにゃんこが使いたいのに使えないという事態を招くので、他所での被害が二次的に発生する・・・ということになる。

パトロールに余念のない檸檬

「そんなこと言われても、今までの家のトイレは、どこにしても良かったんだから、迷惑だにゃ!パトロールで忙しいんだからごちゃごちゃ言わないでほしいにゃ!」

このおまる、砂の飛び散りは殆どないし、猫がブツを踏まないから衛生的だし、フード付きのトイレと違って使用後すぐ気づくし、メリットは沢山あるのだけど、なかなか猫が慣れてくれないと難しい面もある。檸檬くんは、只今トイレの着座位置矯正の真っ最中。無理強いするとトイレ嫌いになってしまいかねないので、なかなか難しい。悩ましい今日この頃。やはり3つ出すしかないのかなー・・・。 _| ̄|○

|

« さくらちゃん、その後 | トップページ | スーパーアグリ、ようやくFIAに承認 »

コメント

ああ、ご苦労様です。
ねこさんのトイレにそんなにいろいろ種類があろうとは。
大変なんですね。
はやく3にゃんとも慣れてくれることを祈ります・・・。

投稿: akberlin | 2006年1月30日 (月) 04:58

いや、これは多分このおまる型トイレ特有の面倒だと思います。猫はきれい好きで、一度トイレの場所を覚えたら二度は間違えないので、トイレの躾なんていらない動物なんですよ。普通の猫砂のトイレであればこういう事態はまずないと思います。

幸い、檸檬はこのところ段々正しい着座位置をマスターしつつあり、外すことが減ってきました。なんとなく「どんなもんだい」という顔をして出てくる檸檬が笑えます。問題はお嬢にゃんなんですよね。最近、洗面ボウルが気に入ってしまったらしくて・・・。(-_-;) 今まさにしようとしているところを目撃したらすかさずトイレに連れて行くとちゃんとしますが、目を離すと洗面ボウルに黄色い水が・・・。(T_T) トイレ嫌いにさせないよう無理強いはできないので、犬と違って一度本人が決めると矯正させるのは難しいらしいので、目を離さないようにしています。

投稿: はるみ | 2006年1月31日 (火) 22:54

檸檬くん、優しいですねー。
手伝ってあげてる姿、ちょっと感動です~!

またきまーす。

投稿: ルビー | 2006年2月 2日 (木) 19:20

ルビーさん
檸檬も楓も、よく互いに毛づくろいを手伝ってますよ。最近は、なかなか近づけなかったさくらお嬢様の毛づくろいも手伝ってあげたりして、お兄さんぽいこともしています。微笑ましい姿です。

投稿: はるみ | 2006年2月 3日 (金) 12:37

洗面ボウル一つで雰囲気がガラっと変わりますよね。

投稿: 洗面ボウル | 2009年6月14日 (日) 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/8411368

この記事へのトラックバック一覧です: トイレ狂想曲:

« さくらちゃん、その後 | トップページ | スーパーアグリ、ようやくFIAに承認 »