« 猫の手より息子の手 | トップページ | 我が家の3猫兄妹が決まりました »

2005年11月20日 (日)

アメリカン・ショートヘアー

今日は、アメリカン・ショートヘアーのキャッテリーさん宅を訪問した。新居で飼う猫のリストにアメリカン・ショートヘアー(シルバータビー)が入っていたからだ。

元々は、最初は2匹程度にして、次にまた増やしていくつもりだったが、以前書いたようにベンガルとシャルトリューは「大きい猫」という以外、殆ど共通点がなく、活発なベンガルと対等に遊んでやれる活発な猫がいないとお互いストレスになるだろうと考えたら、予定より少し早いけれど前から飼おうと言っていたアメリカン・ショートヘアーに白羽の矢が当たった訳だ。

アメリカン・ショートヘアーはよく知られているので説明は不要かもしれないが、アメリカ土着の猫だっただけあっていわゆる「猫らしい猫」とでも言おうか、身軽で活発、運動性能は抜群である。また人にも他の動物にも慣れやすい明るく明朗な性格の子が多いのも特徴だと聞く。ならば、ベンガルの相手にもなり、シャルトリューとまったり昼寝もしてくれるだろう。また、いずれ飼うであろう犬とも仲良くしてくれるかもしれない。何より、飼い主だけでなくお客さんにもある程度したら 顔を見せてくれるようなキャラクターが望ましいと思っていたので、好適な猫種だったのだ。

さて、家族3人で伺ったキャッテリーさん宅。猫の臭いも気配もしない。でも時折足元をサッと通るシルバータビーの姿。いたいた。(^^)

何十年もキャッテリーをなさっている方ではないので、訪問される方もまだ少なく、おまけにこちらは3人も来てしまったので、にゃんこたちは、びびるびびる。警戒心バリバリで、みんな高いところから「何事?誰?何しに来たの?」とこちらを伺っている。(^_^;) ははは。こんなに警戒されたのは初めてだ。とにかく、立ってたらいつまでたっても寄ってこないだろうから、まずは座る。で、大人しく手もださず、静かに眺める。ブリーダーさんが何匹か下ろしてくださるが、最初はみんな「いやいやっ」とダッシュで消えてしまう。(^_^;) でもそのうち、我が家の「猫」(息子)が猫じゃらしで気を引き始めたら・・・まず、比較的人懐こい子猫が一匹、じゃれついた。そのうち、おずおずと他の子たちも寄ってきた。こちらが動かないと分かってくれて気持ちが落ち着いたか、大人の猫たちも下りてきて、ちょっと遠巻きだけど近寄ってきてくれた。

普段こんな大人数を見慣れてないから驚いたようだが、基本的には明るい猫と言われるだけあるなぁと思ったのは、大人のオス猫を除いて殆どの猫ちゃんたちが1時間もすると警戒心を解いて私達の脇をすり抜けたり、近寄ったりしてくれるようになったこと。まだまだ抱っこはさせてくれないが、十分。

ここのキャッテリーさんには今、4ヶ月の子猫がいるが、我が家が迎えられるのは12月なのでその時には6ヶ月になってしまう。今交配中の猫もいるが、その子は今度は半年待たねば迎えられない。悩みどころである。・・・いや、悩んでいたのは私一人かもしれない。夫と息子は、4ヶ月になる男の子をもう譲ってもらうことに心に決めていたようである。その場で家族会議を開いたが、「どうしようね。」「いや、この子をもらおうよ。」「うん、そうだね。」と、3秒で会議は終了してしまった。

私達家族もブリーダーさんにも猫ちゃんにも受け入れてもらえたようで、晴れて我が家の子にしてもらえることがそこで決まった。

_001

我が家にやってくる子です。

デジカメの上、フラッシュをたいたのでこんな眼になってしまったが、本当はとってもきれいな目をした男の子。とにかく、タビーがきれい。そして人懐こい。ああ、いいなぁ、このたくましい足。大きくなりそうだわ。既に4ヶ月にしては大きいから、これからどんどん大きくなるんだろう。楽しみ。

アメリカン・ショートヘアーの子は女の子でも男の子でもどちらでも良かった。実際、とっても気に入っている女の子の生むであろう赤ちゃんも会ってみたくはあった。しかし、男の子も大きくてがっしりして活発で魅力的。結局一番欲しかった美人のお嬢さんは手許に置かれることは前から知っていたので、男の子に決めた。

会社の同僚でアビシニアンとロシアンブルーを飼っている女性が「メスは賢いし、手がかからないし、いいよ~。オスは病気がちだし、甘ったれだし、手はかかるし、物覚えは悪いし・・・。」と言っていたのを思い出した。今日のアメリカンを入れて、我が家の猫はオス2頭、メス1頭になる。・・・その同僚の言った言葉、人間の子にもそっくりそのまま当てはまる。うちには既にそういうのが一人いるからね。じゃあ、大丈夫かもね。もう10年も育ててるんだから。

ともかく、今日は3匹目の猫が決まって、家族全員大喜びで、お祝いした。もう待ちきれない。本当に楽しみだ。設計の段階から組み込んだ梁を気に入ってくれるかな。あそことあそこにキャットタワーを置こう。猫ドアをつけたけど、使ってくれるかな。ロフトは気に入ってくれるかな。・・・早く猫たちを迎えたい。夜中の運動会で顔を踏まれるのも、早朝のご飯も、寝るのに邪魔で体が痛くなるのも、パソコンの邪魔をしたり新聞をひっちゃぶくのも全部楽しみだ。滑りにくい床にしたから、思いっきり走り回っていいからね。うーん、楽しみ!!(^^)

|

« 猫の手より息子の手 | トップページ | 我が家の3猫兄妹が決まりました »

コメント

かぁわい~い!しましま模様が美しい。
いいなー。猫三匹。
個性のありそうな「お子さんがた」の
子育て報告も楽しみにしています。

投稿: akberlin | 2005年11月23日 (水) 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/7240166

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・ショートヘアー:

» 今度はハンサムなアメリカン・ショート・ヘア [:::kazu-style.com:::]
次に生まれる女の子を予約しようと思い、親猫を見に行ったつもりだったNoble Chaton。でも、やっぱり我慢できずにそこにいた元気な男の子を譲って貰うことにしてしまった。随分悩んだのだが、家族全員、相性が合ってしまったのだから仕方がない。これは僕らと一緒に暮らす運命の猫との出会いだったのだ、と。... [続きを読む]

受信: 2005年11月21日 (月) 01:51

« 猫の手より息子の手 | トップページ | 我が家の3猫兄妹が決まりました »