« 祝・佐藤琢磨選手 | トップページ | 女はしぶとい »

2005年8月 4日 (木)

映画リレー

kazuさんから映画バトンが回ってきました。夫婦で書いて何か面白いネタがあるのか?とも思ったのですが、所有映画以外は案外違っていました。

1) 所有している映画の本数
 自分で所有している映画は、ゼロかも。
 家族の所有していて、かつ自分も観たもの
 1. となりのトトロ
 2. 耳をすませば
 3. 紅の豚
 4. 茄子 アンダルシアの夏
 5. 白雪姫
 6. ピノキオ
 7. ピーターパン
 8. ダンボ
 9. 愛と哀しみのボレロ

2) 最後に買ったDVD
 茄子 アンダルシアの夏

3) 最後に観た映画
 もう覚えていない・・・。夫によれば「スターウォーズエピソードII」らしいが、ポケモンでないという保証はない。レンタルでいいなら、先週「少林サッカー」を見た。

4) よく観る、又は、特別の思い入れのある映画
大別すると、ファンタジックロマンものか、アクションかになるようです。

「シザーハンズ」
ジョニー・デップ映画初主演の作品。もう、何度見ても涙無くしては見られない。私の大切な大切な一作。

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」
今をときめく男前スターの競演で、もうキラ星またたきまくり。話は非常に切ないんだけどね。トム・クルーズに耽美派をやらせるとこんなにハマるのか、というのを再確認して何だかえらく自己満足した一作。ブラピも結構お耽美が似合っていたけど、圧倒的な美しさと狂気で、トムの勝ち。

「シックスセンス」
ああ、もう何度見ても切ない・・・。オスメント君はともかく、ブルース・ウィリスがあんなに静かな演技派だとは、と見直した作品。

「ハイランダー」
不死身の騎士の物語。ストーリーも切ないが、そんなことより監督がQueenのファンなので、全編曲をQueenが担当しているというところが素晴らしい。5回は映画館に通った。映画館で録音し、家でも何度も聞いた。

「フランケンシュタイン」
これもロバート・デニーロが出ている。何の役で出ているかは、初め気がつかなかったくらい。胸がしめつけられる結末。

「プロジェクトA」、「ポリスストーリー」
ご存知、ジャッキー・チェンの主演作。実は「酔拳」の頃からジャッキー・チェンのファンなのだが、作品の出来不出来の差が大きく、この頃が一番脂がのっていて、演技も監督業も上手くいっていた気がする。ワイヤーやスタントマンなしの痛快で切れのよいアクションが堪能できる

「ゴースト ニューヨークの幻」
男性には理解不能な陳腐な映画らしい。ウーピー・ゴールドバーグの胡散臭い霊媒師役がいい。彼女の出世作ではないだろうか。デミ・ムーアも可愛い。

「トップガン」
この世にこんなかっこいい男が存在したのか!!と脳天をガンとなぐられた一作。トム・クルーズ、かっこよすぎ。立ち見で見た唯一の作品。しかし横をみれば好きでもないさえない男が。(ちなみに夫ではない・・・)ああ、打算で男とつきあうもんじゃないわ、と私の目を覚ましてくれたありがたい作品。

「ロボコップ」
初代のロボコップ。これも切ない。印象的な作品。

「エイリアンシリーズ」
シガニー・ウィーバー、かっこ良過ぎます。あこがれます。

「インディジョーンズ・シリーズ」
ハリソン・フォードが好きなんです。

「俺たちは天使じゃない」
脱獄囚二人(ロバート・デニーロ、ショーン・ペン)が聖職者に化けて田舎町で身を隠していると美女(デミ・ムーア)に出会って・・という話。コミカルだが味わいがあり、ショーン・ペン=マドンナの夫(当時)という私の先入観を崩した作品。

「ファイト・クラブ」
ブラッド・ピットのワイルドな魅力が炸裂。エドワード・ノートンの演技力も光る。

「茄子 アンダルシアの夏」
私にロードレースの魅力を教えてくれた映画。これを機に家族でロードバイク熱が盛り上がることになった。

こんなところでしょうか。皆さんよく絞ってらっしゃる。私は絞れなかった・・・。次にどなたかバトンを受け取ってくださる方、よろしくお願いします。

|

« 祝・佐藤琢磨選手 | トップページ | 女はしぶとい »

コメント

シザーハンズがトップに来ている!
通ですなぁ。
彼がすばらしい植木の刈り込みやヘアドレッサーとして近所から
認められていくところが好きでした。
あれ、ジョニー・デップの映画デビュー作だったの?

トムクルーズ作品が二つも。でもラストサムライはダメ?

投稿: akberlin | 2005年8月 5日 (金) 03:31

あぁ、フランケンシュタイン。良かった。
何回間までのフランケンシュタインのイメージって、鈍重ででくの坊って感じがあったけど、デニーロが演ずるフランケンシュタインは、頭が良くて素早くて、そして何よりも人間くさい悲哀を発散しています。名作だと思いましたね。
エイリアンも良かった。特にリドリー・スコットの世界観が何ともいえない暗さを全体に与えている第一作がすきでした。二作目のキャメロン版もそれはそれでエキサイティングでしたけど、三作目以降はいただけないなぁ。
ここにあがっている中で僕のベストは、やはりシックスセンス。あぁ、切ない…

投稿: kazu | 2005年8月 5日 (金) 08:39

>akberlinさん
映画gooによれば、映画には既に何本か出て、TVドラマの主演はやっていたけど、映画の主演はこれが最初になってました。今や、すっかりハリウッドのセレブ様になってしまわれました。

トム・クルーズは他にもノミネートしたのが「レインマン」でした。好きなのよ。彼、やっぱり上手いし。「ラストサムライ」は、まだ観てないの。(;_;) 新居の120インチのスクリーンで見ますわ。

>kazuさん
はい。フランケンシュタイン、エントリーしときました。あれは本当に名作で2度は借りたよね。エイリアンは「怖さ」と「女戦士のかっこよさ」で持っていたので、1と2は良かったけど、姿を現してしまうとねぇ、怖くなくなっちゃうからね。
「ゴースト」を「男には理解不能」と言ったのはkazuさんでしたっけ。いいんですよ、あれは女性にとってのメルヘンなんです。ベタでも何でも。シックスセンスは、ぜひDVD買いましょう。いつか・・・。

投稿: はるみ | 2005年8月 5日 (金) 15:46

フランケンシュタインも買う(-。-) ボソッ

投稿: kazu | 2005年8月 9日 (火) 11:49

はぁ、そのうちね・・・。(-_-;)

投稿: はるみ | 2005年8月 9日 (火) 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126695/5316088

この記事へのトラックバック一覧です: 映画リレー:

» 映画リレー [:::kazu-style.com:::]
最近、名画を紹介する目的なのかblog上で映画紹介のリレーが流行っているらしい。ベルリンに住んでいる友人からバトンを受け取ってしまったので、僕も参加してみようと思う。これを読んだ方、是非ともバトンを受け取ってトラック・バックを送ってくださいな。... [続きを読む]

受信: 2005年8月 5日 (金) 18:33

« 祝・佐藤琢磨選手 | トップページ | 女はしぶとい »